ARコンテンツの可能性を拓く。

「拡張現実」と呼ばれるAR(Augmented Reality)は、目の前にあるリアルに、テキストや画像、3Dオブジェクトなどの情報を付加し、現実の映像を拡張する技術です。印刷物や店頭ツールでエンターテイメント性の高い情報を見せたり、キャンペーン告知をしたりすることで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。サンプルをご用意しておりますので、ぜひ、お問い合わせください。

イメージ