私たちの仕事をご紹介します。

フロンティア・クリエイションでは、お客さまのニーズに応え、従来は不可能だったことも可能にするアイデアと最新の技術を駆使しています。コストや納期、最終的なアウトプットの形まで、変幻自在な工夫の数々を弊社が担当した事例を通してご紹介します。

※ケースは実例をもとに企業名などが特定できないようアレンジしています。

  • CASE1 C日本そば店の場合 成果につながる集客用ポスターをつくりたい
  • CASE2 WEBでの年賀状販売にチャレンジ

CASE1 C日本そば店の場合 成果につながる集客用ポスターをつくりたい

店頭ポスターを活用して地域のニーズをキャッチ!

【ここがPOINT】
★お客さまのニーズを探る「成果検証型」アプローチ
★オンデマンド印刷による機動力
★季節変化なども考慮に入れた戦略立案
【概 要】
C日本蕎麦店から店頭ポスターのご依頼を受けました。店先で、通行客の目を引き、集客につながるポスターとはどのようなものかを探るため、「成果検証型」のポスター作成をご提案。機動力を生かし、実効のある販促プランを実践できました。

CASE2 WEBでの年賀状販売にチャレンジ

オリジナル年賀状の販売でWEBのノウハウを蓄積!

【ここがPOINT】
★年賀状販売の方法を毎年ブラッシュアップ
★WEBサービスのノウハウ蓄積につながる
★身につけたスキルをお客さまへのご提案に活用
【概 要】
弊社はWEBでの年賀状販売を2008年「子(ねずみ)年」から実施し、毎年ブラッシュアップを図っています。WEBでの年賀状販売という試みは、それによって得た利益だけでなく、培った経験こそが財産。蓄積したノウハウやスキルは、お客さまのサイト構築やWEBサービスの立案などに大きく役立っています。
【年賀状制作によるメリット】
①弊社のコアである印刷ドメインに合致している
②デザイン力の高さをご提案できる
③ブランディングに対するノウハウが蓄積できる
④BtoCの販売ノウハウが蓄積できる
⑤1年のある時期に集中するため、目標、結果、が分りやすい
⑥閑散期には、その分析ができ、年度毎に新しいチャレンジを試しやすい
【まとめ】
上記のように、WEBでの年賀状販売には多くのメリットがありました。2014年も来年の「未(ひつじ)年」の年賀状販売に向け、準備を進めています。11月1日(土)受付開始です。また、今後は年賀状から発展させ、さまざまなアイテムにチャレンジしていきたいと考えています。